概要

概要

金沢大学は、大学憲章に掲げた教育目標に向かって、改革第1ステージにおける「学域・学類制のもとで学生が自己の適性・資質を見極めながら、しっかりとした目的意識のもとで学ぶ環境の整備」及び金沢大学<グローバル>スタンダード(KUGS)を基軸とする入学から卒業まで一貫した教育カリキュラムの再構築をめざす現在の改革第2ステージにおける「学生の主体性を涵養するカリキュラム・教育方法・学修支援環境の統合」という改革を加速するため、文部科学省補助事業である平成26年度「大学教育再生加速プログラム」事業に応募し、採択をうけました。

本事業において本学は、学生の主体性を涵養するカリキュラム・教育方法・学修支援環境の統合的な改革を目的として、学士課程の専門教育を対象に以下の3つの施策に取り組んでいきます。

具体的には、以下の取組を推進し,大学改革を加速します。

取組のポイント

事業の成果(代表的な指標)

26年度 28年度(目標値) 30年度(目標値)
アクティブ・ラーニングを受講する学生の割合 91% 95% 100%
学生の授業外学修時間 4時間 14時間 24時間
本事業の実施を通じて、これまでの改革を加速
第1ステージの改革
・学域学類制のもとで学生が自己の適性・資質を見極めながら学ぶ環境の整備
第2ステージの改革
・金沢大学<グローバル>スタンダード(KUGS)を基軸とする教育カリキュラムの再構築 ・学生の主体性を涵養するカリキュラム・教育方法・学修支援環境の統合
 

組織 全体図

WG・・・ワーキンググループの略称

大学教育再生加速プログラム検討委員会

第1WG
アクティブ・ラーニング(AL)の深化・充実
第2WG
学修環境の設計・整備
第3WG
学修評価の定量的評価(IR)

スタッフ

大学教育再生加速プログラム(AP)特任助教(AL担当)

河内真美(KAWACHI Mami

金沢大学大学教育開発・支援センター所属。筑波大学第三学群国際総合学類卒業、筑波大学大学院人間総合科学研究科一貫制博士課程教育学専攻単位取得満期退学。筑波大学大学院人間総合科学研究科研究員を経て現職。発展途上国における識字政策、識字教育と国際的な取り組みに関心をもち研究を進めている。現職では、AP事業の施策のうち、特にアクティブ・ラーニングの深化と充実、及び学修環境の活用と展開に関わる事業推進を行っている。修士(教育学)。

大学教育再生加速プログラム(AP)特任助教(IR担当)

上畠洋佑(UEHATA Yousuke

金沢大学大学教育開発・支援センター所属。広島大学文学部人文学科卒業、東京大学大学院教育学研究科総合教育科学専攻大学経営・政策コース修士課程修了。学校法人聖隷学園(聖隷クリストファー大学)企画部で大学等設置認可申請、認定こども園・中学校の新設業務を担当。学校法人関東学院(関東学院大学)学長事務室IR推進室でIR業務を担当。現職では、AP事業の施策の1つである「学修過程・成果の可視化による学修評価の定量的評価(IR)」に関わる事業推進を行っている。修士(教育学)。

金沢大学 グローバル人材育成推進機構 大学教育再生加速プログラム検討委員会

Copyright © Kanazawa University. All Rights Reserved.